保険証券の見方、読み方、チェックの仕方

保険証券は小さな文字ばかりで何か書いてあるのかがまったくわかりません。しかし、これを読まなくてはどうしようもありません。どんな保険なのかわからないからです。よくわからなくて生命保険会社の生保レディーに質問する方がいますが、じつは多くの場合は各生命保険会社の専属であっても正社員でなく契約社員です。

こういった営業職員に、「わたし昔× ×病を煩ったんだけど入れるかしら… … 」と言ったものの、特に契約書には書かなかった場合など、いざ保険金を請求した際に支払いが拒否される場合があります。なぜなら、営業職員に言ったからといって保険会社に話した( 告知した) ことにはならないからです。また、保険の申し込みの承諾もできません。あくまでも、保険会社から送られてくる保険証券を受け取って契約成立が確認できるわけです。

また、最近では転換契約など、必ずしも保険契約をする加入者には利益にならないどころか不利になることも、「得ですよ」などといって契約を取ってしまう悪質なセールスレディもいます。生保レディの口約束や口だけの説明は、間違っていたり、後で拒否されるようなことも少なくありません。

私はわからないことがあったら、生保レディに質問するのもいいですが、それだけでなく生命保険会社に直接電話を掛けて質問し必要であれば会話をテープに録音するくらいの慎重さが必要な時代がやってきたと思います。まずは皆さんの今現在の生命保険はどんなものなのかを確認して下さい。小さな字でわかりにくいことも多いと思います。

そこで、提案なのですが、皆さんのお持ちの保険証券のコピーを取ってください。その時、必ず保険証券の表も裏もコピーを取ってください。そして、できるならA3の大きさに拡大コピーで用意してください。そうすれば、読むのが少し楽になります。そして、わからない点や気になった点をノートに書きだしましょう。そして、疑問点をセールスレディや専門家に聞いてみましょう。こんなときこそセールスレディの出番なのです。ただし、必ず2 箇所以上で質問することをおすすめします。前述の通り、何しろ間違っていたり、嘘を疲れては大変です。利害関係のない人にいろいろと質問したり相談したりすることがいいでしょう。

例えば、セールスレディ、生命保険会社の電話相談窓口、生命保険協会、生命保険を有料で診断してくれるオリックス、保険に詳しいファイナンシヤループランナー( 有料) などです。自分の入っている生命保険会社や営業担当者は、会社に不利なことはなかなか言わないものです。そこで第三者の相談が必要となってくるのです。質問するのに有料は嫌だなあと思うことはよくわかります。しかし、ことは数千万円も支払う保険のことです。5万円や10万円の相談料を払ったとしても決して損ではありません。まずは自分で、この本で説明してきた以下のポイントを抑えながらチェックしてみましょう。

O) いつ契約したものですか?契約した年月日、担当してくれたセールスの方の名前と連絡先、契約した会社名と連絡先の電話番号( 本社がベターです)、そして、保険証券の証券番号を確認しましょう。保険会社の前には、ムーディーズやスタンダード& ファース社、またマスコミで発表される会社の財務状況などの情報から、保険会社としてどのような評価ができるかを考えておきましょう。

1) 主契約ですか、特約ですか?皆さんの保険証券をよくみると様々な保険や特約の名称がついています。たいてい主契約1 つと多くの特約が複雑に絡み合ったものです。ですから、保険証券に書かれた保障を全て書き出してみましょう。つぎに保険の屋台骨である主契約は何なのかをはっきりさせましょう。たとえば、定期保険特約付き終身保険であれば、主契約は終身保険、特約は定期保険特約というわけです。つまり、複雑な保険証券を定期保険特約と終身保険というように別々に分けていきましょう。他にも疾病特約や災害入院特約といった特約も忘れないで下さい。

保険相談 お勧め

保険相談に行く時の心構え

郵便局の簡易保険や全労済の共済と同じようにJA茜辰業協辰組△巳も保険を籾こていますぐJA共済の特徴は、生命保険と損害保険の両方を一つの窓口で扱うことができることです。

これは、JA共済が農林省の管轄の元に農業組合法で運営されているからです。民間の保険会社では、大蔵省の管轄の元に保険業法に基づいて運営されているため、一つの保険会社が生命保険と損害保険の両方を扱うことができないのです。

JA共済のもう一つの特徴は、商品内容が豊富なことですが、内容を見てみましょう。終身共済には、終身保険に対応する一基本型」の他に皇長寿祝金支払特則付終身共淫」|ヰ途綻付特則付終身共済」「三大疾病前払付終身共済」「年金付終身共済」の五つがあります。

■年金共済

■終身共済年金共済には、「終身年金」「定期年金」「夫婦年金」の三つがあります。終身年金は、被共済者(被保険者)が生きている限り年金が支払われます。

生命保険に加入すると、保険会社から必ず保険証券が送られてきます。たかが紙切れ一枚と、まったく目を通さない人もいるかもしれませんが、保険証券は、保険契約の成立や契約の内容を証明する重要な書類です。必ずチェックしてください。保険証券のフォーマットは、保険会社それぞれによって違います。また、保険の種類によっても違ってきます。しかし、基本的なチェックポイントは同じです。

保険証券には、保険契約者、被保険者、保険金受取人の三つの名義人の欄があります。保険の契約を結ぶとき、保険会社を保険者といい、保険に加入する人を保険契約者といいます。

保険契約者は、保険契約上のいっさいの権利と義務を持つ人を指します。権利とは、保険金額や保険金受取人などの契約内容の変更や解約ができることです。

義務とは、保険料の支払い、被保険者の死亡などを通知することです。被保険者とは、保険の対象とされる人のことをいいます。契約者はもちろんですが、それ以外の人も被保険者になることができます。

また、被保険者は一人である必要はありません・多くの人をひとまとめにして被保険者にすることもできます。保険金受取人とは、契約者から保険金の受け取りを指定された人をいいます。

保険金受取人は何人でもかまいません。また、契約者は一人ひとりの保険金受取額まで指定することができます。保険金受取人はあくまで保険金を請求する権利があるだけです。契約者、被保険者、保険金受取人は、一人ですべてを兼ねることもできますし、それぞれに別な人を指定することもできます。

保険で失敗しない為に、FPに相談する

ここでもう一度、「幸せ」について考えていただきたいと思い」画ます。何度も言うようですが、むしろご主人が死んだ時に備えて生命保険をかけるよりも、現実的に考えて、将来の生活資金を確保していくほうが大切なのです。

あなたは将来、起こるか起こらないかわからない不安のために保険をかけつづけ、現実の生活をないがしろにしているかもしれないのです。

それが本当の幸せでしょうか? むしろ家族そろって楽しむ時間にお金を費やしたほうがよいのではないかと私は考えます。将来の不安を生命保険で保障していけばいくほど、あなたが支払う保険料は現実の生活を圧迫していくことに気がついてください。

断っておきますが、現実の生活を圧迫しないで充分な保険料を支払える経済力のある方は、どうぞ将来の不安と思われるものを生命保険で解決してください。

しかし現実の生活を切り詰めてまで「将来の不安を除くために」という名目で、保険にお金を使うことはあまり賛成できないのです。もし仮に、あなたのお子さんが成人し、結婚するまでの養育費、教育費、結婚資金など必要になるであろう資金を、あなたの死と引き替えに死亡保険金として得たとします。

そのお金は本当に、お子さんにとって価値あるものになるでしょうか? 充分なお金があれば、子供の心の成長が実現できるでしょうか?

一家の要となり、あなたが汗水流して働いて得たお金を使うからこそ、家族は幸せの方向に導かれていくのだと思います。それが本当の「意志あるお金」の使い方です。

あなたが死亡した当初は、残された家族もあなたの死を悲しみ、多額な保険金が、あなたの死と引き替えに得たお金であるという重みを感じるかもしれませんが、年を追うごとに、その重みは薄れていくことでしょう。

あなた亡き後の精神的な幸福の保障は、生命保険では決して得ることができないことに気づいてください。毎日の生活の中で、家族のコミュニケーションを深めて、人間味のあふれた生き方を親子で共有する努力をしておきませんか。

親に万一のことがあっても、親と共有した考え方に立って子供は決断し、考えて行動するでしょう。そのような家族であれば、周りの人たちだって温かく接してくれるものです。

またあなたが育んだ精神的な強きや生き様はお子さんに受け継がれていくのではないでしょうか。あなたの創ったこの財産は、いったいいくらになるのでしょう。そうです、無限につづく財産に値段をつけるなんて、無理ですね。

生命保険の必要保障額はいくら?

生命保険は、サラリーマン、公務員、自営業者など関係なくもらえます。

妻と子供1人…102万9500円妻と子供2 人…125 万9500 円
妻と子供3 人…133 万6200円(以下子供が1 人増える度に7万6700 円増える)子供のみ1人…9万9500 円
子供のみ2 人…102 万9500円(以下子供がI 人増える度に7万6700 円増える)

また、飛行機や船の事故で、3ヵ月間生死がわからない場合は、事故または行方不明になった日に死亡とされて、その日から受給権が発生します。

そのほかの行方不明については、7 年たって生死がわからないときに、遺族の請求によって失跡官言が出され、出された日から受給権が発生します。また、支給されるためには、亡くなった人が、次の3 つの条件のいずれかではなくてはなりません。

1、国民年金の掛け金を支払っていた(免除されている場合も含む)。

2、以前国民年金を支払っていた人で、60才以上65才未満の人で、日本国内在住者。

3、老齢基礎年金をもらっていたか、もしくはもらえる資格期間を満たしていた。

また、前にも説明したように、次のような人は遺族年金がもらえないことがあります。

1、国民年金に加入しなければならない期間のうち保険料を滞納したのが3 分の1以上。

2、亡くなった日が平成18年4月1日より前のときは、前期の要件を満たしていないだけでなく、この年金の特徴は、末の子供が18才になると、年金が一切もらえなくなってしまうことです。

これに対して、自営業者の妻などがひとり残された場合などは、死亡一時金が1 度支払われるだけです。この場合だと35年以上も保険料を収めた場合でも32万円だけです。死亡一時金は大変少ないものです。

これしか貰えない人は、高額の保険料が出る生命保険に入って万が一の時をカバーする必要があります。

また、亡くなった夫が国民年金の第1 号被保険者( 主として夫が自営業者) の場合には、60才から65才までの問に「寡婦年金」が、ご主人が支給されることになっていた老齢基礎年金の4分の3に当たる額もらえます。これは亡くなったご主人(第一号被保険者)が

●保険料納付済み期間が一年以上あるにも関わらず、
●何の年金も受けずに亡くなってしまった
●亡くなった時に継続して10年以上の婚姻関係があった。
●亡夫の収入で生計を維持していた。
●ご主人が亡くなったときに奥さんは65才未満である。

以上の5 つが条件になります。こうした年金の手続きには、年金手帳、戸籍妙本などの書類が必要で、市区町村役場で行うことになっています。遺族厚生年金の計算はややこしいです。まずは子供がいれば、「遺族基礎年金」が支払われます。