保険で失敗しない為に、FPに相談する

ここでもう一度、「幸せ」について考えていただきたいと思い」画ます。何度も言うようですが、むしろご主人が死んだ時に備えて生命保険をかけるよりも、現実的に考えて、将来の生活資金を確保していくほうが大切なのです。

あなたは将来、起こるか起こらないかわからない不安のために保険をかけつづけ、現実の生活をないがしろにしているかもしれないのです。

それが本当の幸せでしょうか? むしろ家族そろって楽しむ時間にお金を費やしたほうがよいのではないかと私は考えます。将来の不安を生命保険で保障していけばいくほど、あなたが支払う保険料は現実の生活を圧迫していくことに気がついてください。

断っておきますが、現実の生活を圧迫しないで充分な保険料を支払える経済力のある方は、どうぞ将来の不安と思われるものを生命保険で解決してください。

しかし現実の生活を切り詰めてまで「将来の不安を除くために」という名目で、保険にお金を使うことはあまり賛成できないのです。もし仮に、あなたのお子さんが成人し、結婚するまでの養育費、教育費、結婚資金など必要になるであろう資金を、あなたの死と引き替えに死亡保険金として得たとします。

そのお金は本当に、お子さんにとって価値あるものになるでしょうか? 充分なお金があれば、子供の心の成長が実現できるでしょうか?

一家の要となり、あなたが汗水流して働いて得たお金を使うからこそ、家族は幸せの方向に導かれていくのだと思います。それが本当の「意志あるお金」の使い方です。

あなたが死亡した当初は、残された家族もあなたの死を悲しみ、多額な保険金が、あなたの死と引き替えに得たお金であるという重みを感じるかもしれませんが、年を追うごとに、その重みは薄れていくことでしょう。

あなた亡き後の精神的な幸福の保障は、生命保険では決して得ることができないことに気づいてください。毎日の生活の中で、家族のコミュニケーションを深めて、人間味のあふれた生き方を親子で共有する努力をしておきませんか。

親に万一のことがあっても、親と共有した考え方に立って子供は決断し、考えて行動するでしょう。そのような家族であれば、周りの人たちだって温かく接してくれるものです。

またあなたが育んだ精神的な強きや生き様はお子さんに受け継がれていくのではないでしょうか。あなたの創ったこの財産は、いったいいくらになるのでしょう。そうです、無限につづく財産に値段をつけるなんて、無理ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>