保険相談に行く時の心構え

郵便局の簡易保険や全労済の共済と同じようにJA茜辰業協辰組△巳も保険を籾こていますぐJA共済の特徴は、生命保険と損害保険の両方を一つの窓口で扱うことができることです。

これは、JA共済が農林省の管轄の元に農業組合法で運営されているからです。民間の保険会社では、大蔵省の管轄の元に保険業法に基づいて運営されているため、一つの保険会社が生命保険と損害保険の両方を扱うことができないのです。

JA共済のもう一つの特徴は、商品内容が豊富なことですが、内容を見てみましょう。終身共済には、終身保険に対応する一基本型」の他に皇長寿祝金支払特則付終身共淫」|ヰ途綻付特則付終身共済」「三大疾病前払付終身共済」「年金付終身共済」の五つがあります。

■年金共済

■終身共済年金共済には、「終身年金」「定期年金」「夫婦年金」の三つがあります。終身年金は、被共済者(被保険者)が生きている限り年金が支払われます。

生命保険に加入すると、保険会社から必ず保険証券が送られてきます。たかが紙切れ一枚と、まったく目を通さない人もいるかもしれませんが、保険証券は、保険契約の成立や契約の内容を証明する重要な書類です。必ずチェックしてください。保険証券のフォーマットは、保険会社それぞれによって違います。また、保険の種類によっても違ってきます。しかし、基本的なチェックポイントは同じです。

保険証券には、保険契約者、被保険者、保険金受取人の三つの名義人の欄があります。保険の契約を結ぶとき、保険会社を保険者といい、保険に加入する人を保険契約者といいます。

保険契約者は、保険契約上のいっさいの権利と義務を持つ人を指します。権利とは、保険金額や保険金受取人などの契約内容の変更や解約ができることです。

義務とは、保険料の支払い、被保険者の死亡などを通知することです。被保険者とは、保険の対象とされる人のことをいいます。契約者はもちろんですが、それ以外の人も被保険者になることができます。

また、被保険者は一人である必要はありません・多くの人をひとまとめにして被保険者にすることもできます。保険金受取人とは、契約者から保険金の受け取りを指定された人をいいます。

保険金受取人は何人でもかまいません。また、契約者は一人ひとりの保険金受取額まで指定することができます。保険金受取人はあくまで保険金を請求する権利があるだけです。契約者、被保険者、保険金受取人は、一人ですべてを兼ねることもできますし、それぞれに別な人を指定することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>